借金の消滅時効とは

消滅時効援用による借金問題解決

借金は通常、5年又は10年の経過により時効消滅します。
最終の借入または返済の期日から5年又は10年以上が経過している必要があります。→時効期間について詳しくはこちら
司法書士が債権者に時効援用通知を送付します。
債権者に対して時効援用通知を送付します。時効が成立すれば、借金を支払う必要がなくなります。→時効援用について詳しくはこちら
時効が成立していないこともあります。
長期間経過していても、時効中断(時効期間のリセット)があると、時効が成立していない事もあります。→時効中断について詳しくはこちら

権利を一定期間行使しないと、行使することができなくなります。これを「消滅時効」といいます。
債権者(貸主)が債務者(借主)に対して借金を返済するように請求する権利についても、一定期間行使しないと時効にかかり、債務者が時効を援用(時効が成立していることを主張すること)すれば、債権者は権利を行使することができなくなります。

かなり昔に貸金業者からお金を借りていたけれど、ずっと返済をしておらず、最近になって住民票を現住所に移転したら急に請求があったがどうしたらいいか、というようなご相談を頂くことがありますが、このような場合に有効な方法です。

消滅時効援用の手続きの流れ

  1. ご相談・消滅時効援用手続きのご説明

    事務所でご相談をお聞きします。消滅時効援用の方法や手続き費用、今後のスケジュールについてご説明します。

  2. 受任通知・債権調査

    債務の特定が不十分な場合、債権者に対して受任通知を発送します。これにより、債務の内容が明らかになります。

  3. 内容証明郵便の送付

    消滅時効を援用する旨の内容証明郵便を、債権者に発送します。

  4. 原契約書の返還

    債権者から原契約書の返還を受けることができる場合、返還してもらいます(返還されない場合もあります)。

  5. 時効ではなかった場合

    消滅時効が成立していなかった場合、任意整理や自己破産などによる解決を検討します。

消滅時効が成立していなかった場合は

長期間支払いをしていない場合であっても、消滅時効が成立していないということもあります。
たとえば、消滅時効期間の進行中に、ご本人も知らない間に判決を取られていて、時効が中断しているような場合や、または、ご本人の記憶違いで、まだ5年は経過していなかったというような場合もあります。
このような場合には、借金が消えずに残ってしまいますので、なにか別の解決策を検討しなければいけません。現在の収入や支出、他社からの借入状況などを総合的に検討し、任意整理や自己破産などの債務整理の手続きが必要となることもあります。

司法書士費用について

借金の消滅時効の援用を司法書士にご依頼いただいた場合の費用については、任意整理の費用と同一です。

1社のみであれば30,000円、2社以上の場合には1社20,000円ですので、たとえば2社に対して時効援用を行った場合には、費用は40,000円となります(消費税別)。

また、もし消滅時効が成立していなかった場合に、任意整理手続きや自己破産手続きを行った場合、既にお支払い頂いた費用を、新たに行う任意整理手続きや自己破産手続きの費用の一部に充当します。

借金の消滅時効に関する他のページへのリンク

借金の消滅時効についてご不明な点が
あれば、当事務所にご相談下さい。
どんなことでも、丁寧にご説明致します!

0120-974-316 受付時間9:00~20:00(土日・祝日除く)

メールでのご相談予約

略地図

兵庫県川西市栄根2丁目2番15号
サカネビル3階

0120-974-316

対応可能地域について

債務整理のご相談は、直接お会いしてお聞きする必要があります。
そのため、事務所のある兵庫県川西市にお越しいただける地域が対応可能地域となります。
事務所の最寄り駅であるJR川西池田は、JR大阪から約20分、JR神戸から約40分の駅ですので、大阪・神戸エリアであれば、ほぼ全域で対応可能となります。遠方であっても、対応可能である場合もありますので、一度ご相談下さい。

ページの先頭へ