個人再生の相談の様子

司法書士による個人再生相談の様子

まず最初に、受け付け用紙に、氏名・住所・連絡先・家族構成や職業などを記入していただきます。
ご記入いただいた後に、お借り入れの状況をお伺いしていきます。

個人再生に関する他のページへのリンク

個人再生の相談の様子 01

現在の債務と家計の状態の確認

司法書士

「では、現在どこの会社からいくらぐらいの金額の借り入れ残高があるか、大体の金額を教えていただけますか?」

ご相談者様

「はい。A社から約10万円、B社から約50万円。C社から(中略)あとは、住宅ローンがあります。」

司法書士

「住宅ローンは、どこで組まれていますか?公庫(※現住宅金融支援機構) ですか?」

ご相談者様

「公庫ではありません。D銀行で組みました。」

司法書士

「支店はどこですか?」

ご相談者様

「川西支店だったと思います。」

司法書士

「わかりました。では、住宅ローン以外の借り入れは全部で5社で、合計は・・・大体500万円ぐらいですか。金利(利率)は低いところばかりのようですね。」

ご相談者様

「はい。金利の高いサラ金から借りるのは怖かったので、借りていません。」

チェックポイント

取引の内容によっては、過払い(利息の払いすぎ) がある場合があります。過払い金の有無は、手続きの選択に大きな影響があるため、利率を確認しています。過払い金に関しては、詳しくこちらのサイトをご参照ください。

松谷司法書士事務所の過払いの解説サイトへ

司法書士

「では、次に家計についてお聞きします。少し、プライベートなことになりますが、必要なことですので、教えてください。まず、毎月の収入はどのぐらいですか?」

ご相談者様

「色々引かれて、手取りでは28万円ぐらいだと思います。」

司法書士

「奥様は、仕事をしておられますか?」

ご相談者様

「はい。パートで働いています。月に7万円程度の収入があります。」

司法書士

「わかりました。家計収入は、合計で約35万円ですね。では、次に支出についてお聞きします。住宅ローンは月においくらですか?」

ご相談者様

「10万円です。」

司法書士

「住宅ローンのボーナス払いはありますか?」

ご相談者様

「ボーナス払いはありません。」

チェックポイント

住宅ローンを組んだときにはボーナスが出ていたけれども、現在はボーナスは減額されていたり、支払われなかったりということになると、今後の支払いの可能性に影響が大きいため、住宅ローンのボーナス払いの有無と、ボーナスの有無を確認させていただくようにしています。

司法書士

「毎月の食費や、光熱水費、電話代はいくらぐらいですか?」

ご相談者様

「食費が家族4人で10万円ぐらい、光熱水費と電話代で3万円ぐらい、携帯電話は家族全員の分をあわせると3万円ぐらいでしょうか。」

司法書士

「車は利用されますか?」

ご相談者様

「いいえ。車は誰も乗りません。」

司法書士

「そうですか。次に・・・生命保険は入っておられますか?」

ご相談者様

「はい。毎月の掛け金は約2万円です。」

司法書士

「なるほど。それでは、合計毎月少なくとも28万円は生活費がかかるわけですね。毎月返済に充てられるお金は、どのくらいありますか?」

ご相談者様

「子供の塾代もありますので、だいたい、5万円を超えると、厳しいと思います。」

司法書士

「わかりました。債務整理の方法には大きくわけると3 種類あります。自己破産、個人再生、任意整理という方法です。このうち、自己破産という方法ですと、住宅は競売又は任意売却ということになって、手放さなくてはいけなくなります。 任意整理という方法は、住宅ローン以外の債権者についてだけ行えば、住宅を手放すことなく債務を整理できますが、概算で、毎月8 万円程度の支払いが必要となります。現状の家計では、任意整理では難しいでしょう。
そして、個人再生というのは、裁判所に書類を提出して認められると、債務が一部免除される手続きになります。具体的には、債務の約2 割、つまり~さんの場合ですと、約100 万円を支払って、残りは免責してもらうことになります。100 万円を原則3 年かけて支払うことになりますので、毎月約3 万円の返済ということになります。」

ご相談者様

「その個人再生という方法であれば、住宅はどうなるのでしょうか?」

司法書士

「個人再生の手続きには、住宅ローンについてはいままでどおり支払って、他の債務についてだけ一部免責を受けることができるという特徴があります。したがって、住宅ローンはいままでどおり支払いながら、手続きすることが可能です。」

ご相談者様

「子供の学校のこともありますので、できたら引っ越しはしたくありませんので、自宅を残して手続きしたいと考えています。毎月3万円であれば支払いができると思いますので、個人再生の手続きをお願いしたいと思います。」

チェックポイント

収入と支出、お借り入れの状況を検討した結果、個人再生の手続きがもっとも適しているということがわかりました。次に、個人再生の手続きや必要な書類、デメリットなどについての具体的な説明に入っていきます。

 

個人再生の相談の様子 02

住宅の価値(オーバーローンかどうか)と
保有財産(精算価値)の確認

司法書士

「では、個人再生の手続きをするにあたって、何点か確認させていただきますね。まず、住宅の価値はどのくらいかわかりますか。近隣で、ご自宅とよく似た条件の物件が売却されているような例を見られたことはありますか?」

ご相談者様

「はい。家の売却については少し前から考えていましたので、チラシなども気にしてみるようにしていました。だいたい、1,500 万円ぐらいだと思います。」

司法書士

「住宅ローンは3,000万円ぐらい残っていますので、売却してもお手元に売却代金は残らない状態、オーバーローンの状態ということですね。わかりました。」

チェックポイント

住宅の価値が住宅ローンの残高よりも高い場合、その差額以上の金額を返済する計画でないと、再生手続きはできません。これを清算価値保障といいます。自己破産の場合、住宅を売却してその売却代金は債権者に配当されますが、この場合と比べて債権者が不利にならないようにということで定められているルールです。

司法書士

「先ほど、生命保険に入っておられるとおっしゃっておられましたが、これは、解約返戻金はありますか?」

ご相談者様

「いいえ。解約返戻金は、ほとんどを借り入れてしまいましたので。」

司法書士

「なるほど。契約者貸付を受けておられるということですね。わかりました。」

チェックポイント

これも住宅と同様に、清算価値の確認のためにお聞きしています。解約返戻金は預金や自動車同様、財産にあたります。これらの財産の金額の合計額以上の金額を返済することが、再生の条件となります。個人再生をしたときに、どのくらいの金額を返済しなければいけないかという点に関しては、こちらのページで詳しく説明しています。

どのくらい債務が減額されるのか?

司法書士

「あと、住宅ローン以外に、家や土地を担保に入れてお金を借り入れているもの、いわゆる不動産担保ローンはありませんね?」

ご相談者様

「はい。それはありません。」

チェックポイント

住宅ローンを支払いつつ再生手続きをするためには、住宅に、住宅ローン債権者以外の債権者が担保を付けていないことが条件となりますので、その確認です。

 

個人再生の相談の様子 03

個人再生手続き費用の説明

司法書士

「それでは、費用についてですが、住宅ローンのある方の個人再生の手続きをお手伝いさせていただくにあたっては、費用は35万円頂いています。」

ご相談者様

「それは、分割払いは無理でしょうか。」

司法書士

「分割払いは可能です。先ほど毎月5万円の返済が可能というようにおっしゃっていましたので、その金額で分割でお支払いいただければと思いますが、いかがですか?」

ご相談者様

「わかりました。では、毎月5万円ずつ、7回払いでお支払いします。」

司法書士

「では、こちらの口座が報酬の振り込み口座になります。メモをお渡ししておきます。支払いは来月末から可能ですか?」

ご相談者様

「はい。毎月の20 日が給料日ですので、月末までにお支払いさせていただきます。」

司法書士

「よろしくお願いします。」

 

個人再生の相談の様子 04

必要書類とこれからの手続きの流れの説明

司法書士

「それでは、個人再生の申立に必要な書類の説明をさせていただきます。まずは戸籍で。・・・( 中略)。以上です。これらの書類を揃えて、次回お持ちください。次にお越しいただくのは、~月になります。またその頃にお電話しますので、それまでに書類を準備しておくようにしてください。」

ご相談者様

「わかりました。よろしくお願いします。」

司法書士

「では、これでご説明は以上になりますが、他に何かわからないことはありますか?」

ご相談者様

「大丈夫だと思います。」

司法書士

「では、またご連絡しますので、よろしくお願いします。」

チェックポイント

これで、個人再生手続きの説明が終了しました。個人再生の手続きは複雑なので、少しわかりにくいと思います。 若干省略している部分もありますが、だいたいこのような感じで説明が進みます。

 

個人再生に関する他のページへのリンク

小さなことでもかまいません。
ご不明な点があれば、司法書士にご相談下さい。
丁寧にご説明致します!

0120-974-316 受付時間9:00~20:00(土日・祝日除く)

メールでのご相談予約

略地図

兵庫県川西市栄根2丁目2番15号
サカネビル3階

0120-974-316

対応可能地域について

債務整理のご相談は、直接お会いしてお聞きする必要があります。
そのため、事務所のある兵庫県川西市にお越しいただける地域が対応可能地域となります。
事務所の最寄り駅であるJR川西池田は、JR大阪から約20分、JR神戸から約40分の駅ですので、大阪・神戸エリアであれば、ほぼ全域で対応可能となります。遠方であっても、対応可能である場合もありますので、一度ご相談下さい。

ページの先頭へ