債務整理の関連知識

債務整理をするとブラックリストに載る?

ブラックリストとは

司法書士松谷の写真

債務整理をすると、信用情報機関にその情報が登録されて、借入ができなくなりますが、このことを「ブラックリストに載る」ということがあります。しかし、実際に「ブラックリスト」というリストがあるわけではありません。

新規の借り入れの申し込みを受けた貸金業者は、信用情報機関の登録情報を確認します。そして、事故情報の登録がある場合には、通常貸し付けは行わないということになります。また、現在利用しているカードについても、使えなくなる可能性があります。

信用情報機関には、次のようなものがあります。

どのような情報が登録されるのか

信用情報機関では、金融機関の貸付の審査に役立つ、様々な個人信用情報を登録しています。たとえば下記のような内容を登録しています。

【JICC】

登録される例 登録期間
入金予定日から3カ月以上延滞 延滞中ずっと
延滞解消 延滞解消日から1年
債務整理(契約先に返済額の減額等を申し入れた場合) 発生日から5年
自己破産申立、個人再生申立 発生日から5年

【CIC】

登録される例 登録期間
お支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
契約期間中および
契約終了後5年以内

上記より、延滞の情報は、JICCでは延滞解消から1年登録され、CICでは完済から5年間登録されるということになります。


自己破産・個人再生・任意整理に関する情報の登録

債務整理をした場合、各信用情報機関にその情報が登録されます。そして、情報が残っている間は新規に借入ができなくなります。

どの債務整理手続きをとったのかということによって、登録の期間は異なります。また、信用情報機関によっても登録期間が異なります。信用情報機関ごとの、自己破産・個人再生・任意整理の手続き情報の登録期間を一覧表にすると、次のようになります。

自己破産 個人再生 任意整理
株式会社日本信用情報機構
(JICC)
5年 5年 5年※1
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
5年※2 載らない※3 載らない※3
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
10年 10年 ※4

※1 JICCでは、任意整理の情報は、受任通知から和解までの間に登録されます。そして、登録から5年間登録されます。これは、5年を超える期間で分割返済を継続している場合でも変わることはなく、したがって、任意整理による支払い継続中に任意整理の情報だけが消えるということもあり得ます。

※2 CICの信用情報開示報告書の表示項目の説明のページによると、「26.返済状況」「28.補足内容」「31.終了状況」の欄に登録されるようです。

※3 CICのホームページの「よくあるご質問」ページで、「裁判所へ特定調停や民事再生を申請した場合、および弁護士・司法書士に債務整理を依頼した場合、自分の信用情報にその事実がコメントとして登録されますか?」という質問があり、いずれも登録されないという回答が記載されています。

※4 KSCには任意整理について登録する区分はありません。しかし、銀行は任意整理の通知を受けると、保証会社から代位弁済を受けることがあり、この代位弁済は事故情報として登録されます。代位弁済の登録期間は5年です。

個人信用情報の開示

各信用情報に対して、ご自分の信用情報が現在どうなっているかの開示請求ができます。開示の方法について詳しくは下記ページをご参照ください。
また、開示した内容が誤っている場合には、信用情報機関を通じて調査をしてもらうことができます。信用情報の訂正・削除は、信用情報を登録した会社にしかできません。

「信用情報機関と提携しているから、手数料を支払ってもらえれば事故情報を消します」などという詐欺にひっかからないようにご注意ください。信用情報機関が、情報を削除する見返りに金銭を要求するなどということは、決してありません。


信用情報開示書類の見方について

信用情報の登録内容を開示する書類には多くの情報が載っており、どのように見たらいいかわかりにくいため、各信用情報機関のホームページ上では、開示書類の見方について説明しています。

信用情報記録開示書(ファイルD)の見方について(JICCのホームページ)

CICから開示された信用情報開示報告書の見方については、こちらのCICのホームページで詳しく説明がされています。
信用情報開示書類の見方(CICのホームページ)
信用情報開示報告書」表示項目の説明(CICのホームページ)

※過払い金返還請求とブラックリストの関係については、こちらの過払い金専門サイトのページ(過払い金返還請求とブラックリストの関係について)で詳しく解説しています。

携帯電話の料金滞納でのブラックリストについて

信用情報機関に事故情報が登録されるのは通常、貸金や立て替え金の支払いが延滞になった場合です。
携帯電話の通話料の支払いを延滞しても、信用情報に登録されるとは思わないでしょう。しかし、登録されることがあるのです。
それは、毎月の料金の中に、携帯電話代と携帯端末代金が併せて請求されることが多いためです。本人の認識では、携帯電話の通話料金を滞納しているつもりでも、請求されている料金の中には携帯端末の分割払いの分も含まれており、割賦販売に関する信用情報を登録するCICにおいて、事故の情報として登録されてしまうというわけです。
2~3カ月の滞納で、登録されてしまうようです。金額は少額でも、支払った後5年間は情報は消えません。ご注意ください。

信用情報への登録についてご不明な
点があれば、当事務所にご相談下さい。
どんなことでも、丁寧にご説明致します!

0120-974-316 受付時間9:00~20:00(土日・祝日除く)

メールでのご相談予約

略地図

兵庫県川西市栄根2丁目2番15号
サカネビル3階

0120-974-316

対応可能地域について

債務整理のご相談は、直接お会いしてお聞きする必要があります。
そのため、事務所のある兵庫県川西市にお越しいただける地域が対応可能地域となります。
事務所の最寄り駅であるJR川西池田は、JR大阪から約20分、JR神戸から約40分の駅ですので、大阪・神戸エリアであれば、ほぼ全域で対応可能となります。遠方であっても、対応可能である場合もありますので、一度ご相談下さい。

ページの先頭へ