オリンポス債権回収に対する消滅時効の援用

オリンポス債権回収に対する消滅時効の援用

司法書士松谷の写真

オリンポス債権回収株式会社は、平成12年11月30日に債権管理回収業について法務大臣の営業許可(法務大臣許可番号 第41号)を受けている債権回収会社です。

エムズホールディングという会社からの受託債権について請求されていることが多いですが、当事務所にご相談のあった事案では、もともとディックやアイク、マルフク、NISグルーブ(旧ニッシン)、武富士らが持っていた債権を譲り受けた会社からの受託債権について、請求してきていたこともありました。

このページでは、オリンポス債権回収に対する消滅時効の援用について司法書士がご説明しています。

オリンポス債権回収への消滅時効援用による解決事例

相手先会社名 オリンポス債権回収株式会社
送られてきた文書のタイトル (1)「法的措置予告通知」
(2)「債権譲渡及び債権譲受通知」
送られてきた文書(1)(2)に書かれていた連絡先 北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目6番20号
JA月寒中央ビル
時効援用の結果 債務名義等なく、時効の処理がされて解決

当事務所にご依頼のあった事例では、オリンポス債権回収からの督促は、「法的措置予告通知」または「債権譲渡及び債権譲受通知」と題する文書でされていました。

これらの文書には、「原契約会社」として、「ディックファイナンス(株)」「アイク(株)」「(株)マルフク」などと書かれており、また、「債権者」として、これらの会社から債権を譲り受けた「有限会社ラックスキャピタル」と書かれていました。

そして、文書の内容としては、「債権譲渡及び債権譲受通知」には、ラックスキャピタルが債権譲渡を受けたことと、オリンポス債権回収に対して譲渡債権の管理回収業務を委託したこと等が書かれています。

また、「法的措置予告通知」には、オリンポス債権回収が有限会社ラックスキャピタルから受託した債権について、「法的措置への移行も検討している」「話合いによる解決が望ましいと考えており、支払方法等に関するご相談を承る用意がある」などと書かれています。

しかし、「法的措置予告通知」には、「次回約定日」という項目があり、そこには約6年前の日が書かれていました。
次回約定日というのはおそらく、最終の弁済期日であると思われますので、このときからずっと支払いをされていない可能性が高そうでした。借金は、最終の弁済期から5年間が経過すると、消滅時効が成立している可能性があります(時効期間か5年ではなく10年となる場合についてはこちら)。

ただし、時効期間が経過するまでに訴訟や支払い督促などの手続が行われていれば、時効は更新(中断)され、いったん時効期間がリセットされます。オリンポス債権回収は、よく簡易裁判所に支払督促の申立をする会社ですので、いままでに支払い督促の申立がされていれば、時効期間がリセットされている可能性がありました。

しかし、ご本人の記憶では、訴状や支払督促などが裁判所から届いたことはないというお話でしたので、時効が成立している可能性が高いと判断し、オリンポス債権回収に対して消滅時効の援用通知を発送しました。

そして、約1ヶ月後に、当方からオリンポス債権回収に対して確認の連絡を入れたところ、「時効更新(中断)事由はなく、消滅時効による処理をしました」との回答が得られたため、債務が時効により消滅し、無事解決となりました。

上記のようにオリンポス債権回収の法的措置予告通知には、「話合いによる解決が望ましいと考えており、支払方法等に関するご相談を承る用意がある」などと書かれており、電話をして平和的に解決ができそうに思われるかもしれませんが、電話をして債務の存在を認めてしまうと、消滅時効の援用ができなくなります。

「来月まで待ってほしい」とか、「月○万円くらいの分割ならできます」というような話合いをすることも、債務の存在を認めることになり、消滅時効の援用ができなくなる可能性が高いです。

消滅時効が成立ししている可能性が高そうでしたら、オリンポス債権回収に電話をする前に、司法書士にご相談ください。


エムズホールディングからの受託債権の消滅時効

このページでは、ディックやアイク、マルフクというような現CFJ合同会社の関係の債権の回収をオリンポス債権回収が受託しているケースをご紹介しましたが、オリンポス債権回収は、アプラス等から債権を譲り受けた、エムズホールディングという会社の債権の回収についてもよく受託しています。

エムズホールディングからの受託債権についての消滅時効援用についてはこちら

借金の消滅時効に関する他のページへのリンク

当事務所で消滅時効の援用を行った実績のある会社

当事務所では、代理人として、数多くの時効援用の実績があります。下記の会社は、時効援用の実績の特に多い会社です。


ア行


カ行


サ行

  • 子浩法律事務所
  • 新生パーソナルローン(シンキ)
  • 新生フィナンシャル
  • セディナ債権回収
  • ソフトバンク

タ行

  • ティー・アンド・エス
  • ティー・オー・エム
  • Dカード(NTTドコモ)

ナ行


ハ行


マ行

  • 三井住友カード
  • 三菱UFJ住宅ローン保証
  • 三菱UFJニコス

消滅時効の援用に関してご不明な点が
あれば、お気軽にご相談下さい。
阪神間のほぼ全域に対応致します!
→事務所の場所はこちら

0120-974-316 受付時間9:00~20:00(土日・祝日除く)

メールでのご相談予約

略地図

兵庫県川西市栄根2丁目2番15号
サカネビル3階

0120-974-316

対応可能地域について

債務整理のご相談は、直接お会いしてお聞きする必要があります。
そのため、事務所のある兵庫県川西市にお越しいただける地域が対応可能地域となります。
事務所の最寄り駅であるJR川西池田は、JR大阪から約20分、JR神戸から約40分の駅ですので、大阪・神戸エリアであれば、ほぼ全域で対応可能となります。遠方であっても、対応可能である場合もありますので、一度ご相談下さい。

ページの先頭へ